車検証の住所変更をしないと起きる弊害とは

引っ越しは思った以上に大仕事です。
旧居での荷造りや新居での荷解きなど、目に見える作業の大変さは誰しもイメージできるでしょう。
しかし、引っ越し作業はそれだけではないのです。
住居の契約・解除、公共料金などの住所変更など、書類上の手続きの多さに驚かされます。
家族の人数が多いと、その分、大変な思いをすることも知っておきたいですね。
また、車を所有している人は、車検証の住所変更も不可欠です。
こちらは、車検証の記載内容に変更が生じてから15日以内と法律で決められているため、自治体での住所変更の流れで手続きをしましょう。
もし、車検証の住所変更を怠ると、次年度の自動車税の案内が旧住所宛に発送されます。
また、所有する車を手放すときには、住所変更から始める必要性がでてきます。
特に、車検証の住所から複数回引っ越しをしている場合は、「戸籍の附票」が要るなど少々面倒な思いをしてしまいます。
なによりも、車検証の住所変更をしないことは法律違反になるため、その認識を持つことが大切です。
引っ越しは肉体的にも精神的にも大変な重労働です。
しかし、スッキリした気分で生活するためにも、しかるべき手続きは一度に済ませるように努力しましょう。