ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングとは、種類がありますが、一般的に歯科医院でするオフィスホワイトニングは歯にホワイトニング剤を塗布し、レーザーなどの光を照射し、歯に着色した成分とホワイトニング剤が結合し、分解することで歯を白くする方法です。
歯が白くなり、笑顔が素敵になるということで人気の治療法でメリットばかりだと思いますが、デメリットはあるのでしょうか?
デメリットについて調べてみます。
まず、すべての人がホワイトニングができるわけではありません。
それは妊娠中や授乳中、小児の方はできません。
またホワイトニングの成分が不足している無カタラーゼ症と言う病気を持っている方にも禁忌です。
そして保険適用外なので、全額自己負担になるため、高いです。
1回に1~5万円程度かかるので、痛い出費ですよね。
自由診療なので、歯科医院が値段を設定できます。
いい薬剤を使い、いいホワイトニングをしてくれるので高い料金の歯科医院もあれば、不親切な歯科医院もあるので、いい歯科医院を選びたいですよね。
口コミを見たり、知り合いに聞くなどして、儲けより患者のことを優先して考えてくれる親切な歯科医院を見つけたいと思います。