歯周病はセルフケアで予防

最近、友人が歯列矯正を始めたそうです。
歯列矯正というと子供の頃に行うイメージがありますが、最近では30代40代で始めるケースも多いそうです。
そんな私も最近歯医者さんから遠ざかっている為、クリーニングも兼ねて、近所の歯医者さんへ行ってみることにしました。
すると、なんと歯茎が痩せて歯周病予備軍とのこと。
ドクターいわく、40代以上の8割近くは既に歯周病になっているそうです。
歯周病というと、最終的には歯が抜けてしまうというイメージがあります。

歯周病は歯茎の炎症から始まり、最終的には骨まで溶かしてしまうという病気だそうです。
大事なのは歯と歯茎の間の歯垢をしっかり取ることと言われました。
私の歯の状態だと、定期的なクリニックでの歯のクリーニングと毎日のセルフケアで予防ができるそうです。
歯と歯茎の間の歯垢をしっかり除去すれば、歯茎の炎症も治まるとのこと。
歯周病予防の歯磨き粉も最近良く売られており、利用するのも効果的だそうです。
また、歯周病予防には歯ブラシも自分に合ったものを選ぶ必要があるようです。
強い力で磨きがちですが、優しくするのがポイントだそうです。
セルフケアをしっかりして、悪化しないよう気をつけたいものです。