塚口の歯医者

最近歯が痛いことが頻繁にあり、あまりにも痛くて耐えられなかったので、虫歯になったかと思って歯医者さんにいきました。
診察の結果虫歯はなかったようですが、私は生まれつき歯が内側に傾いていて、体が疲れてくると歯が神経に触って痛みを伴うことがわかりました。
虫歯ではなかったので、とりあえずホッとしたのですが、歯医者さんはいつ行っても清潔な場所だということを認識しました。

一例として、塚口の歯医者では感染の予防にとても力を入れています。
この塚口の歯医者さんは消毒滅菌機という特殊な機械を使っていて、この機械に歯科器具を入れて超音波で圧力をかけて滅菌するそうです。
また、歯にかぶせる物や歯など削る器具そして、神経の治療で使う道具も機会を使って洗浄しているそうなので、安心して虫歯の治療ができます。

子供の頃のイメージで歯医者は痛くされる所だと思っていましたが、最近では治療の技術も上がっているので塚口の歯医者なら安心して見てもらえます。
また、治療をする前には患者と事前にコミュニケーションを取ってくれるので、どの器具を使ってどんな治療をするのかが分かるので安心できます。

心斎橋の歯科に告げられた事実

私はアイスが大好きで、春夏秋冬いつでもアイスを食べている。
冬にアイスを食べるなんてどうかしてるんじゃないの、なんてよく言われるけど、別に暖かい部屋で食べるのならアイスを食べようが鍋を食べようが一緒の話だ。
特にアイスキャンデーというか、ガリガリ君とかその類のものが好きなのだが、今日そんな私のアイス人生に不穏な空気が立ち込めてきた。
普通にアイスにかぶりついただけで、身の毛もよだつような激痛が走ったのである。
虫歯にだけは気をつけていたのにと、心斎橋の歯科を頬を押さえながら必死に調べ、どうにか空いていた歯科に転がり込んだ。
結論から言えば、虫歯ではなく知覚過敏だったようなのだが、安全のためにしばらくはアイスを控えろと言われてしまった。
アイスが食べられないなら私の人生とは一体なんなのだろうか、とまで思い詰めてしまったが、ここはぐっとこらえ、アイスに代わる愛好品を探すことにした。
ほどなくしてそれは見つかった。
なんなのかといえば、煎餅だ。
煎餅なら固いしあごの運動にもなるし、なんて少し言い訳じみたことを考えながら、しょうゆ煎餅をかじった。